home > 白黒エンジェルズ Archive

白黒エンジェルズ Archive

なんか落ちてる

ベランダの溝に、変な生き物が落ちてる・・・・!

♪



おれだよ
あ、とろろか・・・。




初代白黒エンジェルズのぽーちゃん、はるさんのブログを見てると、
成長しても寝相が相変わらずすぎて笑った。

ぽーちゃん、過去のおもしろ寝相

思いやり

はてさて、、、

みなさま 本当に 多大なるご心配をお掛けいたしました。
見ているだけで何も出来なくてごめんなさいという、心の優しい方々。
今まで私の思いを共有してくれてありがとう。
どうか、身近に苦しんでいる人や動物がいたら、手を差し伸べてあげてください。

土曜日に2匹は無事にぐるママさんのお宅へお輿入れ致しました。
どうやら台風だったみたいですが(さいきんあんまりニュースを見てないので、、、)
電車の遅延にもひっかからず、無事にお届けできました。
ロクナナ改め、コタロウコジロウは愛情をいっぱいに受けて暮らせることを
確信しています。

コタロウとコジロウ
Hさんからメールを頂いたので ご紹介します。
今まで猫たちを見守られてきた、思いの深さを感じます。

**************************

ふじこさん。こんばんは。
ご連絡有難うございます。

それにしても素晴らしい里親さんに巡り合えたことは
驚きと共に感激です。

2匹の仔猫の現在ある命は、親猫のけなげな愛や
かかわった人々の温かい思いやりのおかげだと思います。

ロクの目は心配ですが、見えないわけでもなく、痛がっている素ぶりもなかったので
(お医者さんの判断にもよりますが)
今度の里親さんにあまりご負担が掛からない様に願っています。
このままでもロクは十分に幸せなような気がします。

人見しりのナナもこれから新しい環境で幸せを実感できる日が
すぐにも来ると思います。

チャーはほとんど家から離れませんが、時々仔猫を探しているのか一回りして戻って
きます。
本当は自分がいなくならなければいけないと思っているのか、
少し申し訳なさそうな顔をしています。
寒くなるとクウと一緒に新しい小屋に入っています。

仔猫がいなくなってからショウがご飯を食べに来るようになりました。
先程なぜかチャーの親でもある前白黒エンジェルズの親ハナが
チャーの姉妹キジトラを連れて塀の上に現れました。
しばらくチャーと見つめあっていましたが静かに去って行きました。
二匹とも丸々太って馴れているようで、誰か世話している人がいることが分ります。
現在はこの近辺にはいませんが猫屋敷にいる時より幸せそうでした。

長文になりましたが…

(略)

本当にこれまでいろいろと有難うございました。

H


里親募集を終了致します

仕事が一段落したので、この間 実家の香川県に帰っていて、
金比羅様のお祭りに参加したり、瀬戸内国際芸術祭で訪れた
小さな島の小さな神社にひとりでお参りして、
神様というか、祈りを身近に感じました。

さて1週間前、ニュー白黒エンジェルズがうちにやってまいりました。

里親様は、ロクちゃんが角膜炎でも、2匹が人馴れしていなくてもいいと
言ってくださっている 奇跡のような存在です。
更に、他の大きな病気を抱えてても引き取るつもりとまでおっしゃって下さった。
もう 宝くじ買っても一生当たらないぐらい運使っちゃった。
まあ、今までも買ったことないが、一生買いません。
神様 ぐるママさんをうちのブログに導いてくれてありがとう。
そして皆様、応援本当にありがとうございました。
ご心配をお掛けしました。


うちに引き取った次の日の夜、ロクちゃんの首の左側に、大きなしこりのようなものを発見した。

赤ん坊の手のひらほどの大きさのそのしこりは、ネットで調べると 脂肪細胞種 ガン
などの可能性が書かれていた。
結局それは膿がたまった腫れだったんだれども、その腫れが破裂するまで
ありとあらゆる悪い想像を巡らせて絶望的な気持ちになったし
実際にそういう立場におかれた人の気持ちがわかりました。

というわけで、もとは1週間預かってお渡しするつもりだったのが、
ロクちゃんの膿破裂痕完治待ちのため、来週の土曜日まで、うちで家猫修行です。

ナナちゃんはうちに来てから生気のない顔でハンストを続けていたが、
私がいないとき、もしくは爆睡しているときに食べてくれるようになった。
が、いつもは姿を隠していて、私が見つけて手を伸ばすと
威嚇されるようになってしまった。。
まあ、生気のない顔よりだいぶいいんだけど・・・

来週土曜日までに、人間にちょっとでも慣れてくれるのか・・・!?

ふじこ嫌われ中
・・・
ロクちゃんは逃げ腰だけど甘えん坊
(首の毛を剃ってます)
こわいー
あれ?ごはんのにおい?
ロクナナの今までとこれからは ぐるママのねこよん日記をご覧ください。

つらつら

アハハハッ・・・
しごとダーイスキ(真顔で)



心のこもったコメントありがとうございます。
お返事できずにすみません本当にすみません。

私が仕事ばっかりしている間に、のんたくんがえのきのこさん宅に引っ越したらしい!!
先週の土曜日に血液検査の結果が猫エイズ、白血病とも陰性という結果を聞いてから、
ものすごいスピード婚でした。感謝・・・



前回の流れから、またもや少しぶっちゃけていいですか。
今回ぶっちゃけたら、しばらく(ここポイントですけども)ぶっちゃけないから!!
デブとギャルのえろい猫ブログに戻るから!!


・・・・・・・

猫の里親の条件ってあるでしょ?
今回の白黒エンジェルズに関してはあえて何も書いてません。


完全室内飼いで去勢避妊絶対で毎年ワクチン必須が正解

一時期はそう考えてました。

でも、猫いっぴきの、猫としての幸せを考えたら、
完全室内飼いも去勢避妊も反してるでしょ。

とはいえ都会では、猫の本来の幸せを叶えるのはけっこう不可能です。
猫嫌いの人、植物がなにより大事な人、いろんな人がいて、
事故の可能性や、伝染病の可能性、外には危険がたくさんある。
去勢避妊しなければ、どんどん数が増えてしまい、猫嫌いな人はもっと猫嫌いになるだろう。


とろろとあずきに子猫が生まれたらどれほどかわいかっただろうかと
妄想することがあります。

でも、私は知っているんです。
たくさんの猫たちが処分されていること、飼ってくれる人を待っていること、
猫を保護している人が大変な思いをしていること。

それを考えると、これ以上増やして、ただでさえ少ない
飼ってくれる人の席を奪いたくない。

だから、もらってくれる人がいたら去勢避妊はしてもらいたい。
外に出すと危険が多いところでは、外に出して欲しくない。
でも、言われたから、みんながそうしろと言っているからじゃなくて、
なぜそうするべきなのか、現状を知って、考えて自分で答えを出すべきなんだと思う。
Hさんがずっと白黒エンジェルズの父猫クゥの去勢に積極的じゃなかったのは、
クゥのオス猫としての尊厳を大事にしてあげてたからだってことを私は知っている。



話は変わりますが、人によって身近な痛みって違うと思うんです。
私の周りには動物に無関心な人はたくさんいるけど、
その人たちにとっての痛みは、不遇な子供のことかもしれないし、
戦争が起こっている地域の人たちのことかもしれないし、
貧しい人たちのことかもしれないし、
家族や友達のことかもしれない。

知っていてスルーするできるなら、その痛みに耐えられるなら、しょうがないんじゃないかと思う。
誰だって、自分のことで精一杯です。
出来ないことを無理にやろうとして押し潰されることはない。
私は自分の痛みを軽減するために、ささやかながら、少しだけでも出来ることを行動に移したいと思うだけです。

白黒エンジェルズの件は、あきらめてません。
ただ、厳しい現状を伝えたかったんです。
私がタイミングを逃したせいで、一生外猫の可能性を高めてしまったことも。

いかんせん時間が取れなくて、毎日会社の行き帰りに庭を覗き
週1程度で訪問するだけなんだけど、警戒心の強い子猫たちは私の姿を見ると
さっと隠れてしまう。


だけど、先週末久しぶりに昼間に会った母猫のチャーちゃんの警戒心が薄れて、顔つきが変わっていた!
あら。知ってる顔だわ 私が近づいても威嚇されなかった上に、隠れていたロクちゃんをお披露目してくれた。

本当にお披露目してくれたんです。

「あなたよく見るけど、お父さん(Hさん)のおともだちだったら、私の子見せてあげようかしら」と
言って、軒下に隠れてるロクちゃんを呼び出して目の前に連れてきてくれた。

ままー!なんかいるけどだいじょうぶかなー!!
夜中に会ったときに毎回あいさつしていた甲斐があった。
チャーちゃんはまだ1歳の若い母親で、順応性が高い。
Hさんの毎日のお世話のお陰です。
チャーちゃんに甘えてまとわりつきながら現れたロクちゃんは超愛らしかった。
外猫でも、じっくり付き合えば心を開いてくれるという自信にもなりました。
ナナちゃんは本気で隠れていてまったく出てこなかったけど、
こういう子に限って、一度心を許すとものすごい甘えん坊になるのだ。

Hさん撮影
~♪
白黒猫オス里親募集中
と、いうわけで、外猫出身のエンジェルズに気長に付き合ってくださる方のお問い合わせをお待ちしております
shirokuro_angel@hotmail.co.jp




つれづれ

日曜日に、イラストレーターのえのきのこさんにお会いした。
えのきのこさんのことは共通の知人を介して「猫川柳」という本に載ったことで、
ネット上では知り合ってはいたんだけど、お会いするのははじめて。

えのきのこさんはのんたくんのお見合いに来てくださったのだ。
twitterのつぶやきを読んで、私がナンパしたのがきっかけ。

2人で保護主さんのお宅にお邪魔して、のんたくんと初対面。
想像していた通り、威嚇され、ケージの中に立て篭られた。

えのきのこさんは蟲使い、、もとい猫使いだった。
保護主さんですら触れない、ケージの中で威嚇中ののんたくんを
まったく気にせずに手を伸ばしてナデナデするさまはまさにナウシカ。
血液検査の結果が陰性であれば、えのきのこさんのお宅に迎えてもらえることになった。

お見合いに来て頂いといてなんなんだけど、まさかほんとうに
迎えてくださるとは思ってもみなかったので、保護主さんともども
びっくりして舞い上がってしまった。

保護主さんにはその後、のんたくんのこと、のんたくんの兄妹猫、
地域猫活動のことなどいろいろお伺いした。
のんたくんの兄妹猫は、結果として2匹とも野良猫になっているらしい。
以前見せていただいた子猫時代の2匹は、ラグドールのようなすごい美猫とキジ白の器量良しで、
小さいうちにもらわれたものと信じていたので衝撃だった。

保護主さんのお庭には猫用のおうちが設置してあって、雨や寒さを凌げるようになっている。
帰りにばったり出会ったせくしーファッションのおばあちゃんも10匹の猫に餌をあげているとおっしゃっていた。


ぶっちゃけ、ていいのかどうか、

でもぶっちゃけてしまうと、


今回の白黒エンジェルズの里親募集はものすごく厳しいだろうと思っている。
お問い合わせは、まだ一件も来ていない。
猫たちは日に日に成長しているし、婚期を逃しかけているというのに、2匹ときたら
TシャツにGパンで化粧もしてない状態で無愛想な顔でぶらぶらしているようなもんである(私のこry)
このままだと、2匹はきっと半ノラになるだろう。

4匹の白黒エンジェルズの件で、猫に餌をやることを快く思っていない人が
近所に住んでいることは知っているし、病気のことだって心配だ。
できればいい人にもらって欲しい、
でも、母猫と子別れの儀式まで愛情いっぱいで一緒に過ごして、
その後地域猫としてかわいがられるのも悪くない猫生かもしれない。
Hさんは3匹の世話が大変だろうけど、、、、。
ニュー白黒エンジェルズに対して責任を持てなかった私にはできることが限られている。

私は猫好きだけど、動物が好きな心やさしい人も同じぐらい好きなので、
猫だけじゃなくて、猫にかかわるみんながつらい思いや、悲しい思いをしなければいいのにと思う。


えのきのこさん、のんたくんとのお見合いの帰りに、ダンボールまみれの拙宅に寄ってくださった
(2匹がダンボール好きだからなかなか捨てられないんだもん。。。)
さすがイラストレーター、
ブヒブヒ鼻を鳴らして愛想を振りまくとろろが、きりたんぽとか横綱とかおっさんとか、
短時間のうちにいろんなものに例えられまくっていたのには笑った。

私もぶんちゃんと凛ちゃんに会えるかな。

猫ブログだというのに1枚の写真もなくてすみません。

おれえらい!

ふわ~~
ぺろ
おれうまく舐めれる!
Hさんのメールより。
「ロクとチャーが交代に舐めあう、ほほえましい姿が撮れました。
最初は背中、次は顔。
最後に得意そうなロクのポーズが面白い!」


やられた。たまらん。

右目の角膜炎も少し良くなってきたそうです。
きのうはレボリューション(回虫、ノミダニなどの駆除)をしてくださったそうで、
着々と婚活が進んでおります。

Hさん曰く、写真じゃかわいさが全然伝わらないそうなので、
実物は10割増だと思ってください。お飼い得(@じゃけえさん)です。
お問い合わせお待ちしております。
shirokuro_angel@hotmail.co.jp


ロクちゃんオス
白黒猫ロクちゃんオス3ヶ月・里親募集中
ナナちゃんオス
白黒猫ナナちゃんオス3ヶ月・里親募集中
ロクちゃんとナナちゃんはタイプが全然違うねえ。あーちゃんととろろみたい。

home > 白黒エンジェルズ Archive

ふじこ
ふじこ・人間
香川県出身・女
特技:物忘れ

Feed

pagetop